かさコーチの人生万事塞翁が馬
~GUTS FOR JAPAN TENNIS  愛と情熱のレッスンとプレーで日々精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
良い買物した
こんばんは。

バイクの夏用グローブを買おうとナップスに行ったのですが、

欲しかったアルパインスターのグローブのサイズが無かった為、

20080416_131336.jpg


(ナップスではMH900とアプリリア250とCBR600RRTMV乗りのお兄さん方と世間話)

変わりに(!?)オムニ用の新しいテニスシューズと、

sht-14.jpg


プロテイン1㌔、そしてXT8とスリクソンのボールを3缶ずつ買いました。


見事な衝動買い 笑

必要経費なので、仕方が無いのですが気持ち良く買い物しました。

で、そのまま入谷でレッスン。

空き時間にベテランのコーチに球出しをしていただき、

短い時間でしたが、3カゴ程フォア、バック、フォアの打ち分け。

しっかりセンターに戻ってクロスとストレートにストロークを黙々と打つ練習でしたが、

ヤバイ。

最近の若い子達は何かとヤバイって言いますが、

何がヤバイってNewシューズの食いつきが半端無い。


戻りが明らかに早い。

熱海オープンで、このシューズ履いてたら結果は違った…

地面を3回蹴って!!とかレッスンで言いますが、

これは本当に“蹴れる”

何で、もっと靴に気を使わなかったんだろう…

と反省する程の物でした。


で、その後早速プロテインを摂ってみることに。

本当は水に溶かそうと思ったのですが、

ヨーグルトと分けて食べる時間が無かったので、

この状態に。

20080416_194820.jpg


まぁーマズイ…

プロテインはちゃんとシェイカーで溶かして飲みましょう。

3ヶ月の間小まめに持ち歩いてプロテインを飲もうと思うので、

チョコチョコ経過を報告して行きます。


最後にデ杯の取材模様が修造ブログにあったので、転記。


デ杯の取材に行ってきました

「報道ステーション」の企画でインドで行われたデ杯の取材に行ってきました!
結果は2-3で日本の惜敗でした。

今回の一番の注目は、デ杯初出場となった錦織圭。
初デ杯、初芝生コート、初5セット、初アウェー、初暑さ(37度)と不安要素がたくさんある中で、
6-7、6-3、4-6、6-2、3-6、3時間以上の激戦の末の敗戦。
相手のインド選手のテニスの才能、レベルは圭とは比べものにならないくらい差があるのは誰から見ても明らかでしたが、圭を勝利から遠ざけてしまったもの、それは今、圭の一番の心の壁となっている「勝ちたい」という気持ちが本来のテニスをさせてくれなかったことだと思います。
しかし、試合後のインタビューでは、
「今の壁をぶち破るには何が必要だと思う?」
の僕の問いに、一瞬黙った後、鋭い目をしながら
「勇気です。リスクを負ってでもチャレンジしていく勇気が必要なのです!」
と力強く答えてくれました。

今回、練習なども見て、圭のテニスは本当にレベルアップしていると感じました。
敗れはしたものの、僕が一番うれしかったことは、圭が最後まで試合を絶対に諦めなかったこと。
そして、「デ杯は、日本を背負うというプレッシャーも含め、今までに感じたことがなかった雰囲気でした。
本当に良い経験になり、今度は精神的に強くなって戻ってきたいです」という圭の言葉。
デ杯は選手をテニス選手としてだけでなく、人間としても成長させてくれるのです。
デ杯という、その戦いに挑んだものにしか分からないプレッシャーに打ち勝ち、
より強い、そしてより表現力のある”日本の圭”として、日本を引っ張っていって欲しいと心の底から
願っています!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。