かさコーチの人生万事塞翁が馬
~GUTS FOR JAPAN TENNIS  愛と情熱のレッスンとプレーで日々精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョイスミス
こんばんは。

お疲れカツカレーでした。

今日は毎月恒例のOTS賞金付きダブルス大会。

試合後のオダサガ白木屋で社長にたらふくご馳走してもらって、

帰宅してなんやかんやで今に至ります。


で、今日は安里コーチの日記にあった試合の結果を日記に書く

と言うのを実践してみようと。


結果はパパコーチと組んで準優勝…。

実質決勝戦だった試合。

相手は3連覇している相模原市民の王者と、

何度も優勝しているOTSの○○王子。

キープキープの2―2で回ってきた笠原のサーブ。

40-30リード

『ノーアドだしサーブの調子は良い。絶対有利だ。

サーブでポイントを取りに行く事もできるし、

ポイントを取るプランは幾らでもある。

心理的にも有利。この2ポイント落とすわけが無い。』


ここで、勝負を選ばず相手のミスを誘う安易なプランを選択。

明暗を分ける事に。



ワイドにスピンを入れて。1stボレーをストレートアタック

1stサーブは思ったよりかなり甘く入り、

ボディに来たバックボレーはダウンザラインでコートの外へ。

チーン。


ノーアドはフォアサイドの相模原王者。

ここでもスライスサーブをワイドに入れ、ボレーへ。

1stはナイスサーブだったが入れにいった分外へボールが切れず、

ナイスアングルがフォアへ来た!

時間的に余裕があったものの、

グリップチェンジして打ち切る強気のハートは無く、

ボレーグリップのまま面を合わせてストレートへ流した

ボールは線にそって僅かに外へ切れ…


はっきり行ってホークアイでチャレンジしたいポイントだった。

カウント2-3。

あまりにも重いブレークポイント。

キープされて2-4。

3-4になる所でタイムアップ。


負け。


己の過信。

勝負所での弱さが出た。

リスクを恐れて勝負を捨てた。

集中力も欠けていた。


カッコ良く文章を書いて見たけど、

今日はどう考えたって俺のせいで勝てる試合を逃した。

安易なショットの選択。

勝負所で自分のサーブに中途半端な自信しかなかった。

パパコーチゴメンなさい。

カズさんの5連覇を阻止します。

山梨須玉オープン本戦まで後1日。

大磯オープンまでは後1週間。

試合を通してこの弱っちい自分を変えて見せる。

悔しいですっ!!

804398816_79.jpg


こんな時でもフラットな心で前を向くぜ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。